財団法人 佐藤病院 財団法人 佐藤病院宮城県古川市中里1-3-18 電話0229-22-0207

病院ご案内
診療内容
医療ニュース
個人情報保護方針


HOME
医療ニュース

   ● 家庭での食中毒予防について ●
 
   高温多湿となる梅雨の時期は、特に雑菌やダニが多くなり食中毒にもなりやすいです。

〜家庭から食中毒をなくしましょう〜
     1.食事をする前に  
  (1)食卓につく前に手を洗いましよう。
(2)清潔な手で清潔な器具を使い清潔な食器に盛り付けましょう。
     2.残った食物について  
  (1)残った食器を扱う際はもう一度手を洗い、保存する時は清潔な器具を用い清潔な容器に入れましょう。
(2)時間が経ち過ぎた食物は思い切って捨てましょう。
(3)残った食物を温め直す時は十分に加熱して下さい。
(4)少しでも怪しいと思った時は食べないようにしましょう。
     3.食中毒かな?と思ったら  
  他に原因が考えられず、吐き気・嘔吐・腹痛・下痢・発熱・めまい・目がかすむ、しびれ等の症状が出たら食中毒かも知れません。
     下記に注意
  (1)自己判断で安易に下痢止めを飲まないで下さい。かえって菌やウイルスが腸内に溜まって症状が重くなる場合があります。
(2)食事を控え、適当な水分補給を行いできるだけ早く受診しましょう。
(3)受診時、どんな症状が出たか家族等にも同様の症状がいないか、何を食べたのかを話してください。


 
 


    ● 訪問看護・訪問リハビリテーションについて ●
 

 住み慣れた家で安心して療養生活が送れるよう、訪問看護師、理学療法士が主治医と連携のもと総合的な在宅医療を提供し心身の機能の回復を支援します。
 また、病院で行う訪問看護、訪問リハビリは入院中からの経過を把握しておりますので継続した看護、リハビリを提供する事が出来ます。
 在宅での生活がむずかしい場合は入院治療へ移行する事も可能です。

   
     訪問看護の内容 ■
 

■療養上のお世話  
 身体の清拭、洗髪、入浴介助、
 食事や排泄などの介助・指導

■医師の指示による医療処置
 かかりつけ医の指示に基づく医療処置

■病状の観察
 病気や障害の状態、
 血圧・体温・脈拍などのチェック

■床ずれ予防・処置
 床ずれ防止の工夫や指導、
 床ずれの手当て


■ターミナルケア
 がん末期や終末期などでも、自宅で
 過ごせるよう適切なお手伝いと看取り

■医療処置管理
 在宅酸素、膀胱留置カテーテル、
 24時間点滴、鼻腔栄養、胃ろうの
 管理など


■在宅でのリハビリテーション
 拘縮予防や機能の回復、
 嚥下機能訓練等

■認知症ケア
 事故防止など、認知症介護の相談・
 工夫をアドバイス


■ご家族等への介護支援・相談
 介護方法の指導ほか、さまざまな相談
 対応

■介護予防
 低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイス
 

    
訪問リハビリの内容 ■
 

■動作練習  
 自宅での安全な移乗方法の獲得など
  ポータブルトイレへの移乗
  車イスへの移乗

■自宅の環境調節
 

■家族への介助指導

 
  寝たきり状態や医療処置が必要な方だけでなく病院受診が困難な場合もお気軽にご相談ください。
   
    事業の運営方針  
   当事業の実施にあたっては、大崎市、指定居宅介護支援事業所、地域の保健・医療・福祉サービスとの綿密な連携を図り、総合的なサービスを提供します。
     
    ご利用いただける方  
   介護保険証をお持ちの方
     
    ご利用の手続きについて  
   居宅支援事業所のケアマネージャー、又は佐藤病院までご連絡下さい。
  ( 佐藤病院 TEL:0229-22-0207 )
     

    ■ 営業日及び営業時間 ■
   
     営業日   : 毎週月曜日 〜 金曜日  8 : 30 〜 17 : 00
    ※土曜日は午前中で、特に必要な方のみ訪問します。
     
     休業日   : 土曜、日曜、祝祭日、
    年末年始 (12月29 〜 1月3日)、お盆 (8月15 〜 16日)
     
     
   

 


一般財団法人 佐藤病院 〒989-6143 宮城県大崎市古川中里1-3-18 TEL:0229-22-0207
Copyright(C)2006-2018 SATOU Hospital. All Rights Reserved.